概説

 SVAシリーズ電力増幅器は各振動試験器を駆動するために設計及び製作された高信頼性、 高安定性を持った電力増幅器であり、小型から大型電力増幅器まで各種の駆動出力を揃え、 永久磁石振動加振器/起振器のパフォーマンスを最大限に発揮できます。
 全トランジスター方式を採用しているため、電気信号をたいへん能率よく増幅することができ、 省電力化により静かで、環境にやさしく長時間の連続使用にも十分耐えることができます。

機種別仕様一覧 >>

SVA-ST-1K ・ SVA-ST-30 ・ SVA-ST-10

SVA-ST-1K・SVA-ST-30・SVA-ST-10 は、小型~中型振動試験器に使用される電力増幅器です。

SVA-ST-1K・SVA-ST-30 は簡単な操作性と高さ88mmのコンパクトな設計で、入力信号の状態が分かるSIGNALランプとCLIPランプがついており、保護回路として、PROTECTIONランプとTEMPランプがついています。
出力チャンネルを2チャンネル持ち、小型の振動試験機であれば2台同時の使用も可能です。
SVA-ST-1K・SVA-ST-30 適応機種: SSV-60S / 105 (ME) / 115 (ME) / 125 (ME・LS) 等

SVA-ST-10 は、小型~中型加振器用の低周波数専用の直流電力増幅器です。
地震波の長周期振動を高精度で再現することを目的にした電力増幅器で、変位計を使用することで中立位置を自動的に保持する機能も可能です。
SVA-ST-10 適応機種: SSV-125LS / 135LS 等

SVA-ST-10 SVA-ST-30 / 1K


SVA-ST-10K ・ SVA-ST-20KD ・ SVA-ST-30KD

SVA-ST-10K・SVA-ST-20KD・SVA-ST-30KD は、大型の振動試験器に使用される電力増幅器です。

正弦波、ランダム波、地震波等信号発生器の信号を増幅し振動試験器に所要の電力を歪を極小にして安定供給します。
また、電力増幅機能の他に永久磁石地震波振動台・加振・計測システムの動作状況をモニターし、変位検出器用増幅器、及び温度検出器用シグナルコンディショナーを内蔵したモニターパネルが組み込まれています。
適応機種: SSV-750 / 850 / 950 等


SVA-ST-30KD SVA-ST-10K



型番 定格
出力
方式 周波数
範囲
歪率 ノイズ
レベル
入力イン
ピーダンス
出力イン
ピーダンス
適応加振器 冷却
方式
電源 消費
電力
寸法
(mm)
質量
(kg)
SVA-ST-10 100VA トランジスター
ソリッド
ステート
0.1~
100Hz
1.0%
以下
-80dB 100kΩ 約4.0Ω SSV-LS
シリーズ
空冷 AC100V
単相
500VA 260(W)
350(D)
133(H)
7
SVA-ST-30 400VA 0.1~
4000Hz
SSV-60S~115
シリーズ
1kVA 480(W)
456(D)
88(H)
15
SVA-ST-1K 1000VA SSV-125
シリーズ
1.5kVA 12
SVA-ST-10K 10kVA トランジスター
スイッチング
Dクラス
0.1~
800Hz
-70dB SSV-750~950
シリーズ
AC200V
3相
10kVA 570(W)
630(D)
1100(H)
120
SVA-ST-20KD 20kVA 20kVA 570(W)
730(D)
1800(H)
200
SVA-ST-30KD 35kVA~ 25kVA 300~